FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「影竜死ね」さんへ

なんかね、地方の献血センターみたいな
設備じゃ検査できないらしくて、
いったん東京の専門の研究所に
血液を持っていって検査しないとだめらしくて、
結果はまだすこし先になりそうなんよ。
ちなみに一番上にコメントするのはいいけど
読み終わったら削除するのは許してな。

続きに成分献血のときのおはなし



んで、その成分献血のやつは
50mlだけとる専用のパックで、
普通の献血とは違うパックなんよ。

そんでベテランのおねぃさんに
血を抜いてもらったんだが、
その献血パックは一つ手間をしないと
血が入っていかないものだったのね。
それおねぃさん知らなくてそのまま
俺の血管にぶっ指して見事失敗。
以下そのやりとり

おねぃさん「あΣ('A`)!」

らいのさん「(!?)」
(↑自分の血を見るのが怖いので違う方向いてる)

おねぃさん「あー○○さーん!」
ベテランのおばさん来る。

おばさん「あらららΣ('_` )!」
おねぃさん「どうしましょう('A`;)」
おばさん「とりあえず血拭かないと!!」

らいのさん「(!!?)」
(↑まだ怖いので違う方を見てる)

おねぃさん「痛くないですか!?」

らいのさん「え・・・特に何も・・・」

おねぃさん「え、なんでだろうΣ('A`;)・・・」

らいのさん「あ、最初針刺すときは痛かったです・・・」

おねぃさん「いや、刺した後いじっちゃったんだけど・・・」

らいのさん「え、いやとくに・・・・」

おばさん「あーこれはダメね。やり直しね。」

おねぃさん、おばさん、らいのさん
「 ('A`('-`('д`)・・・ 」

おねぃさん「ごめんね・・・」

らいのさん「あ、大丈夫ですよ。本当に感謝してるんです。
       タダでこんなに良くしてもらってるんですもん。」

おねぃさん「ほんとごめんね・・・」

おばさん「いやーこれしないと血がパックに入らないなんて
      知らなかったよーごめんねー'`,、('∀`) '`,、 」

らいのさん「ははは、大丈夫ですよ^p^#」

それから1週間くらい経つのかな。
失敗した右腕はたまにしびれて半径5cmくらいのあざが・・・
まじキモイ・・・。まだひじの内側でよかった・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。